ダイエット

運動してるからいっか!と思ってない?運動してるのに痩せない時に見直してほしいこと

こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です

「ジムに通って、運動しているのに痩せない…なんで…!!!」と悩んでいませんか?

ジムに頑張って運動しているのに痩せないと、「運動頑張ってるのに、痩せないじゃん!」と悲しいし、なんだかイライラしてきますよね。

でも、運動しているのに痩せないのには必ず理由があります!

「運動しているのに痩せない…」と感じている人に見直してほしいことについてまとめていきます。

わたしはジムに通っているのに、太ってしまったことがありました。

その原因は「ジムに通ってるから、ちょっとくらい〇〇していいや〜」と自分に甘くなってしまったことが原因でした…💦

「運動しているのに痩せないのはなぜ?」ということと、痩せないと感じたときに見直してほしいことについてまとめました。

筋トレをすると、体重は重くなるので注意

知っている方も多いと思うのですが、ジムに行っているのに痩せない!と思っている方に覚えておいてほしいのは「筋トレをすると体重は重くなる」ことです。

筋肉は脂肪よりも重いのに、見た目は小さいので、見た目的に痩せていているのに体重は増えている…なんてことになることはあります。

 

View this post on Instagram

 

ちぃさん(@chii158cm)がシェアした投稿

このインスタグラムの投稿は、わたしがいつも参考にしているダイエットアカウント(chii158cm)さんの写真です。

見た目はすっごく変わっているのに、体重はたった500グラムしか減っていないんです。

そのかわり体脂肪率は2.8パーセントも減っています。

この写真をみると、見た目が痩せたように見えても、筋肉が増えると体重は変わらないことがわかりますよね。

筋トレをして筋肉量が増えると、見た目は痩せて見えるのに、体重は変わらないか、むしろ増えるという現象が起こるんです。

このように、筋肉量が増えて体重が増えることもあるので、「ジムに通って筋トレしているのに痩せない!」という方は、一度体脂肪率を計測してみてください。

体重も体脂肪率も変わらないし、鏡で身体をみたときに、身体が太ったかも?と思ったら、次に紹介する「運動しているのに痩せない時に見直すこと」を参考にしてくださいね。

運動しているのに痩せないときに見直してほしいこと

「運動頑張った自分にごほうび!」と思って食べてませんか?

運動頑張ったあとって、お腹空きますよね…。

運動頑張ったからいいや!運動したからしっかり食べなきゃ!と思って、もりもり食べていませんか?

「運動しているのに痩せない…」と思っているひとのほとんどが、つい食べ過ぎてしまっていることが原因です。

好きなものを罪悪感なく食べるために、運動で消費して体型を維持することが目的なら、運動した分食べていいと思います。

でも、運動で痩せることが目的なら、運動を頑張ったご褒美だと思って食べ過ぎたらダメです…!

残念なことに、運動でのカロリー消費は思っているよりも少ないんです。

体重50キロの女性がランニングを30分頑張っても、消費カロリーは210キロカロリー。

ケーキ一個のカロリーがだいたい300キロカロリー。

頑張って運動したからといって、ご褒美にスイーツを食べたり、食べる量を増やしていると、体型は変わらないか、逆に太ってしまうことになります…💦

運動は身体のラインを整えるためのものだと思ってください。

そして、自分へのご褒美を食べることにしていると、運動したご褒美に好きなものを食べてしまいがちです。

自分へのご褒美は、食べ物以外にしましょう…!

自分へのご褒美としてお菓子を買うために使っていたお金を貯めて、その分デパートの化粧品を自分へのご褒美として買うようにしたら、ストレスがたまらないです(笑)

こだろぐ
こだろぐ
毎日お菓子のために使っていた100円を毎日貯めたら、1ヶ月3000円。3000円ちょっとあれば、デパートコスメも買える…!

 

日常生活の中で動かなくなっていませんか?

ジムに通っているからと安心して、日常生活の中でぐーたらするようになっていました。

家の中でもちょこちょこ動いていたのに、運動しているからいいや!と思って家の中でも全くうごかくなってしまったり。

「いままでは運動していない分一駅分歩こう!」と意識的に歩くようにしていたのに、ジムに行って疲れているから電車乗っちゃおう、エスカレーター乗っちゃおう、と運動しているからいいやと思っていたところがありました。

ほんのちょっとのことだけれど、ほんのちょっとの気の緩みがカロリー消費を少なくしているんです。

運動している時間よりも、日常生活の中で過ごしている時間の方が長い

運動をしていると、「運動しているから大丈夫!」と思いがちです。

でもしっかり考えてみると、運動している時間よりも、日常生活の時間の方が長いんです。

毎日ジムに行って1時間運動をして、1日6時間寝るとしても、残りの17時間はなにもしていません。

ジムで1時間頑張って運動する時間よりも、日常生活の時間の方が断然長いんです。

運動している時間ももちろんとても大切だけれど、日常生活の中でどう過ごすかもとても大切です。

運動しているから!と油断は禁物ですよ〜!

運動しているのに痩せないのは何か原因があるので、自分が痩せないのは何が原因なのかしっかり考えてみてください…!

痩せる姿勢って?日常生活で姿勢を変えるだけでも、身体のラインは変えられるこんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 あなたは普段生活するとき、座っているときの姿勢や立っている時の姿勢に気をつけていま...