ダイエット

ギーの失敗しない作り方を紹介!簡単だけどポイントを間違えると失敗しちゃう…。

こんにちは、こだろぐです。

「ギーってダイエットにも身体にもいいみたいだけど、ちょっと高いなぁ」と思いますよね。

ギーって普通に買うと1000円以上するので高いなぁと思っている方に試してほしいのが、ギーの手作りです。

「ギーを作るなんてすごく難しそう!」と感じますが、ポイントを抑えればすごく簡単に作れます。

ただ私自身「簡単ならギーを手作りしてみよう!」と思ってギーを作ってみたのですが、初めて作った時にすごく失敗しました(笑)

こだろぐ
こだろぐ
ギーをつくるのって簡単ってネットに買いてありましたが、失敗しました…。トホホ…(笑)

今日はギーの作り方について紹介していきますが、失敗したからこそわかる、ギーの失敗しない作り方を紹介していきます!!

ギーってなに?

一言でいうとギーとは「バターを煮詰めたバターオイル」です。

バターを煮詰めてバターの中に入っている不純物を取り除くことで、より身体によくて油っぽくないムッとしないバターになるんです。

ギーはコーヒーに入れたり、料理に使ったり、いろいろな使い方ができます。

ギーについての詳しい説明はギーダイエットをやってみた!効果や方法、注意点についてまとめましたにまとめているので、ギーの効果についてより詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。

ギーの作り方

ギーを作るときに必要な材料は「無塩バター」だけです。

バターには食塩がはいっている「有塩バター」と食塩が含まれていない「無塩バター」の二種類があります。

ギーを作るときに使うのは、食塩が入っていない「無塩バター」です。

ギーはバターをじっくりコトコト弱火で煮詰めて作ります。

少ないバターの量で作ってしまうと焦げてしまうので、一度に作る量は200グラム以上の量で作りましょう。

無塩バターがすっぽり入る鍋にバターを入れたら、じっくり弱火で煮詰めましょう。

 

煮詰める時間は20〜30分くらいです。

部屋の温度によって煮詰める時間が変わりますが、白っぽかったバターがだんだん透明になったら、火を止めるタイミングです。

「大丈夫かなぁ?ちゃんとできるかな?」とギーの様子をみるためになんども触ってしまうと失敗してしまうので、触りたくても絶対に触らないようにしてください。

 

 

ちなみに不純物がたくさん入ったままになってしまった失敗作は、途中で触ってしまったことが失敗した原因でした…。

弱火でじっくりコトコト煮詰めていると、だんだんバターが溶けて、透明になってきます。

弱火で煮詰めていると、だんだん白いアクのようなものが浮いてきます。

表面に浮いてきた白いアクは、鍋のアクをとる要領でとってくださいね。

 

バターがぶくぶく沸騰してきたら火を止めて、バターが冷めるまで待ちます。

キッチンペーパー・ザル・ボウルを用意したら、キッチンペーパーで濾しながら不純物を取り除きます。

かき混ぜてしまったことで不純物が入ってしまうと、全体的に濁ったギーになります。

不純物を取り除いた透明なギーの方がよりクリーミーでおいしいので、ぜひ透明度の高いギー作りに挑戦してみてください。

ギーの作り方のまとめ

簡単に作れる!と言われているギーですが、ちょっと作り方を間違えてしまうと、失敗してしまいます。

透明度の高いギーを作るには「弱火でじっくりとかき混ぜない」のがポイントですよ!

最後まで読んでくださりありがとうございました!!

ギーダイエットは太る?カロリー高い?ギーイージーの効果を試してみた!ギーダイエットをやって実感した効果を紹介しました。さらにギーダイエットの基本の方法と注意点、ギーダイエットのメリットデメリットも解説。ギーはカロリーが高くて太る?体に悪い?と疑問に感じている方におすすめの記事です。...