痩せる習慣

【かっこいいヒールの歩き方】ヒールで正しく綺麗に歩くための方法

ヒールの歩き方

こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。

ヒールをかっこよく履きこなしている女性を見かけると「かっこいいな〜私もヒールをかっこよく履きこなせるようになりたいなぁ」と思いますよね。

ヒールをかっこよく履きこなして歩くにはちょっとしたポイントを抑えればできるようにいなります◎

今回はヒールをかっこよく履きこなして、ヒールで綺麗に歩くための方法についてご紹介します😄

ヒールで綺麗に歩くには?

お腹に力を入れる

ヒールを履きこなすには、まずお腹にしっかり力を入れることが大切です。

頭からつま先までの身体全体を考えた場合、お腹は身体の中心ですよね。

お腹は身体の中心なので、身体の中心に力を入れることで、しっかりと軸を取れた身体になります。

ちなみに「ヒールを長時間履いていると、腰まで痛くなってしまう」という方は、お腹に力が入っていないから腰が痛くなってしまうんです。

というのもお腹に力を入れずに歩いていると、お腹がぽこっと出てしまって腰がそってしまうので、腰に負担がかかってしまうんです。

こだろぐ
こだろぐ
下っ腹にしっかり力を入れて歩くのがポイントですよ!

頭・お腹・お尻・かかとまでを一直線にする

街中で歩いている女性を見ると、お腹がぽこっと出ている上に、膝から下でちょこちょこと歩いている人が多いです。

お腹が出ていると、歩くときに腰に負担がかかってしまいますし、歩き方も綺麗に見えません。

よく「姿勢をよくするには背筋を伸ばせばいい!」と思っている方がいますが、背筋を伸ばそうと思うと腰をそってしまい、腰を痛めてしまうことがあります。

姿勢をよくするには、頭・お腹・お尻・かかとの身体の部分を一直線にする意識をしましょう。

こだろぐ
こだろぐ
頭・お腹・お尻・かかとを一直線に保つ意識をすることで、綺麗な姿勢がつくれますよ!

膝を曲げない

膝で歩くと、ふくらはぎに負担がかかってしまいます。

ふくらはぎだけに負担がかかるとふくらはぎだけがボコッと大きくなる、いわゆるししゃも足になります。

こだろぐ
こだろぐ
ふくらはぎに負担をかけずに歩くにはどうしたらいいの…?

と疑問に感じたひとは、おへそから下が足だとおもって、お尻にぐっと力をいれて歩いてみてください。

おへそから下が足だと思って、お腹に力を入れて歩くことで、膝を曲げずに歩くことができると思います。

目線をあげて歩く

ヒールで歩くときに、足元が心配で下ばかり向いて歩いていませんか…?

下を向いて歩くと自然と膝が曲がってしまい、かっこ悪いヒールの歩き方になってしまいます。

なのでヒールを履いてかっこよく歩くなら、ちょっとアゴをあげてしっかり前をみて歩くようにしてみてください。

アゴをあげて数メートル前をみて歩くだけで、へにょっとした歩き方からかっこいい歩き方に変わるはずです。

こだろぐ
こだろぐ
下を向いても何も落ちてないので、前をみて歩きましょう…!

まとめ

ヒールをかっこよく履きこなしている女性ってすごくかっこいいですよね。

ヒールをかっこよく履きこなせるようにちょっとずつ練習してみてくださいね!