食事改善

自分のことが嫌いで過食症に。過食してしまう原因はココロの問題でした

こんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。

過食を繰り返してしまう過食症。過食症は「ダイエットがきっかけで発症するもの」だと思っていませんか?

実は10年間過食症に悩んでいて、今でもちょっとしたストレスがたまると過食してしまう私ですが、今考えると過食症になったのは「自分のことが大嫌いだった」ことが根本的な原因だと気づきました。

「なんで過食してしまうんだろう」と漠然と悩んでいるよりも、過食する原因をきちんと自分で理解していると、過食症を克服しやすいしココロが楽になります。

私のように過食症で悩む方の少しでも力になりたいので、今回は過食症を発症する根本的な原因について考えていきます。

過食症になったきっかけ

私は中学生の頃にダイエットを始めたのが過食症になったきっかけでした。

「周りの友達はみんな細いのに、なんで私だけ太っているんだろう。ダイエットしなきゃ。」と常にダイエットのことを考えるように、

常にダイエットのことを考えていると、だんだん「食べることは悪いことだ!」と思うようになりました。

そして「食べてはいけない!」と思えば思うほど、ストレスによる反動で「吐きそうになるまで食べる」ようになっていました。

食べる姿が恥ずかしいので、誰にもみられないスーパーのトイレで、泣きながら大量に高カロリーな食べものを口に詰め込んでいました。

過食の原因はココロの問題だった

ダイエットがきっかけで過食症になったとずっとおもっていたけれど、実はココロの問題が過食症発症の原因だったことに気づきました。

この世で一番嫌いな人は「自分」

摂食障害を患う人は自分のことが嫌だったり、自分のことを認めてあげられない人が多いような気がします。

私も自分のことが大嫌いで、自分のことを認めることができませんでした。

普段の自分のことが嫌い、そして過食してしまう自分はもっと嫌い。

過食した自分を責めて、そのストレスでまた過食を繰り返すという悪循環を10年間繰り返していました。

他人と比較して自分はダメだと思い込んでいた

過食症の一番大きな原因といってもいいココロの問題は「他人と比較して自分をダメだと思い込むこと」

よく過食症のきっかけはダイエットだと言われます。

実際に私も過食症発症のきっかけは思春期のダイエットでした。

でもダイエットしようと思ったときに一番根底にあった気持ちは「周りのみんなに比べて自分は醜い」「こんな体型の自分が嫌い」という感情でした。

つまり過食症はダイエットをきっかけにして発症するだけではなくて、「自分をダメだと思い込む気持ち」が過食症を発症させるんだと最近気づきました。

さみしさ

「さみしかった」というのも私の過食の原因だと思っています。

中高の時は友達関係で悩んでいたので、友達とうまく喋れない寂しさを埋めるために過食をしていました。

過食症の根本的な原因をさぐってみよう

過食症を治すためには、過食してしまう根本的な原因を自分なりに探してみることが大切です。

なんで私は過食しているのかとその日あった嫌なこと、辛かったことをノートに書き出してみると、過食の原因を探ることができます。

私は今でもときどき過食してしまうときがありますが、過食の原因をノートに書き出してみると、なんだかココロがすっきりして過食を食い止めることができるようになりました。

過食症のまとめ

「なんでこんなに食べてしまうんだろう」
「気持ち悪いのに泣きながら食べてしまう」
「他人に理解してもらえない」

過食症は他人に理解してもらいにくいし、自分はやっぱりダメな人間なんだ…と思いがちです。

過食するときって、無駄なお金を使ってしまうし、体によくないし、過食しても体にいいことがないのを頭では理解しているのに、過食しないと気が済まないんですよね。

この記事をよんで過食症で悩む方の助けになれば嬉しいです。

イライラからくる暴飲暴食を防ぐには、おなかに手をあてるのが効果的!「いつもイライラするし、イライラのせいで暴飲暴食をしてしまってあとで後悔して憂鬱な気分になる…。できることなら暴飲暴食を防ぎたい…!」 ...

最後まで読んでくださりありがとうございました。こだろぐ(@kodalog)でした!