生き方・考え方

世の中ってこんなに生きづらかったっけ?私はニュースを見ると苦しくなる

有名人の自殺、自然災害、感染症など悪いニュースを耳にするだけで、自分には直接関係がないことなはずなのになぜか苦しくなりませんか…?

私はこれらの悪いニュースが耳に入ると、数時間は何も手につかなくなります。

きっとこの記事を読んでくださっているあなたも、悪いニュースが耳に入るだけで苦しくなってしまう、敏感な性格なのではないでしょうか…?でも悪いニュースに影響されて何も手につかなくなる自分を責めないでくださいね。

ニュースを見ると心が苦しくなる

コロナウイルス、自然災害、有名人の自殺。これらのニュースが出るたびに胸がギュッと痛みます。コロナウイルスにかかった人がまるで犯罪者のように報道されたり、大雨で家がなくなって途方にくれている人の映像が流れたり、誹謗中傷に苦しんだ有名人が自殺したり。

私に直接関係のある人ではないしテレビの中の人たちのことだけれど、ニュースを見るだけでなんだか胸がギュッと締め付けられる感覚になって「死にたいわけじゃないけどちょっと消えたい」という感情になります。

「病気にかかって苦しんでるのに、まるで犯罪者みたいに扱われて苦しいだろうな」

「人生の思い出が雨で流されてしまって苦しいだろうな」

「有名人もいろいろな苦労があって苦しかっただろうな」

みたいに感情移入してしまってふっと泣いてしまう。そして数時間なんだかボーッとしてしまう。

赤の他人によって誰かの人生が変えられてしまうこと、他人の目を気にして生きなければいけないこと、自然が人の生活を破壊してしまうこと。

令和の時代は一般人でも少し不祥事を起こしたり、コロナウイルスにかかったりしただけでまるで犯罪者扱いされる。テレビで活躍していた有名人が突然自殺してこの世からいなくなってしまう。

自分に直接関係があることではないけれど、悪いニュースを聞いた時は1日何も手につかなくなってしまいます。

ニュースを見て心が苦しくなった時はどうすればいいのか

ニュースを見て苦しくなってしまう自分に対して「自分はなんてダメな人間なんだ」「自分とは全く関係のないことに対して苦しくなってしまう自分はおかしい」と思っていました。

ちなみに人に共感しすぎて苦しくなってしまうのは「HSP」という一つの性質だということがわかりました。HSPの気質を持つ人は、HSPではない人に比べて非常に敏感で傷つきやすいという性質を持っています。これは悪いことでも自分を責めるべきことでもなくて、ただそういう気質だと受け入れることで心が楽になるのでは?と思います。

敏感すぎて生きづらい人はHPSかもしれません。「HSPとはなに?」と疑問に思った方はこちらの記事も読んでみてください。

 

私が子供の頃に見ていた大人たちは、みんなが自分のばかり考えていて、ギラギラ輝いてみえました。他人の目を気にして縮こまっている大人はそんなにいなかったのに、今はみんな他人の目を気にして自分の行動を決めている。そんな世の中っておかしいな、生きづらいなと思います。

でもそんな世の中だからこそしっかり前を向いて、自分のやるべきことをコツコツ積み上げて、ちょっとずつ歩いていきたいと思います。