痩せる習慣

身体を温める意味ってあるの?と思っている人必見!身体を温めることで、足がすっきりしてきた!

こんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。

「冷えは万病のもと」っていう言葉、聞いたことありますよね。

「身体を冷やすのはなんか身体に悪いらしい」という認識はあったのですが、

「寒くないし、身体の冷えなんて感じないから、大丈夫でしょ!」

「身体を温めてもダイエット的に効果なさそう」

と思っていました(笑)

ですが先日、痩身エステに行った際に、

「冷えていると脂肪が固まってセルライトになり、太りやすい身体になります。」

「冷えていないと思っていても身体は冷えているので、意識して身体を温めるようにしてください」

とエステのお姉さんにアドバイスをうけたんです。

「身体温めるだけでなんか身体に変化あるのかな?」と半信半疑でしたが、身体が冷えないように家の中でも靴下を履いたり、膝掛けを使ってみたり、身体を冷やさない工夫をするようにしたら、なんと足がすっきりしてきたんです。

自分でしかわからないくらい、ちょっとした変化なのですが、確実に足が軽く、すっきりしてきました。

今回は、身体を温めていたら足がすっきりしてきたので、身体を温めてよかったことをお伝えしたいと思います。

冷え対策をしていたら、脂肪が柔らかくなってきた!身体を温めたらいいことしかなかった

 

身体を温めてよかったこと

日常的に身体を温める生活を1ヶ月やってみました。

1ヶ月間身体を温めるようにして実感したことを紹介していきます…!

太もものセルライトのボコボコが減った

マッサージをしてもなかなか減らなかった太もものセルライト。

ぐりぐりマッサージをしても、セルライトがボコボコしていたし、マッサージをしても太ももの脂肪がカチコチに固まっていました。

セルライトがボコボコした状態だったので、太ももを触るとすごく痛かったんですが、日常的に身体を温めることを意識したら、セルライトが柔らかくなってきました。

セルライトが柔らかくなって、とろとろになったことで、マッサージがしやすくなりましたし、見た目でも足がすっきりしてきました。

身体を温めるだけですごく細くなった!というわけではなくて、頑固なセルライトが柔らかくなって、足のむくみが取れて一回りすっきりしたかな?という感覚です。

足が軽くなった

マッサージをしてもなんだかずっと足の疲れが取れませんでした。

ですが1ヶ月間、しっかりお風呂に浸かるようにしてみたり、足元をしっかり温めるようにしてみたら、足がすごく軽くなったんです・

マッサージをするだけだと疲れが取れたと思っても、すこし時間がたつと足が痛くなっていたのに、足を温めるようにしたら慢性的な足の疲れがなくなってきました。

もちろん、足が疲れることはありますし、完全に足の疲れがなくなったわけではありませんが、足がむくみにくくなったし、足が疲れにくくなりました。

太ももの外側の冷えがほんのすこし改善された

1ヶ月くらいだとまだまだ足りないと思うのですが、以前に比べて太ももの外側の冷えが解消された気がします。

身体を温めることを意識する前は、太ももの外側をさわると、ひんやりと冷たかったです。

ですが身体を意識的に温めるようにしてから、太ももの外側の冷えがすこしだけ解消されました。

太ももの外側の冷えが解消されると、セルライトも柔らかくなるので、足がすごくすっきりします。

まとめ

身体を温めると、ダイエットに効果的だけではなくて、身体がすごく楽になって、すっきりしました。

冷えているという自覚がなくても、身体を温めることでいろいろないい変化を感じられると思うので、ぜひやってみてくださいね!

この記事がちょっとでもお役に立っていれば嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました…!💓