生き方・考え方

学歴コンプレックスで日東駒専からMARCHに編入した私が伝えたい学歴のこと

こんにちは、こだろぐです。

突然ですが、あなたは自分の学歴に満足していますか?

「本当に行きたかった大学にいけなかった。」

「自分より偏差値の高い大学の人に会うと、学歴コンプレックスを感じてしまう」

「高卒だから、大卒の人が羨ましい。大卒の人に対して学歴コンプレックスを抱いてしまう」

など学歴コンプレックスと一言でいっても、人それぞれ悩み方は違うと思います。

学歴についての考え方は様々だと思いますが、私は極度の学歴コンプレックスでした。

学歴コンプレックスだった私は、学歴を変えるために、東洋大学から中央大学に3年次編入しています。

「きっと偏差値の高い大学に通えば、私の人生は変わる」と思って、学歴ロンダリングをした私が、

学歴を変えて気づいた学歴コンプレックスのこと結局学歴は必要なのか?について書いていきます。

こだろぐ
こだろぐ
特に学歴コンプレックスを感じている学生の方に読んでほしい記事です。

そもそも3年次編入ってなに?

3年次編入とは、4年制大学に大学3年生から途中入学することができる制度です。

詳しくいうと、4年制大学から4年制大学に3年次編入する場合は、大学1〜2年生は入学した大学に通って、大学3〜4年生の間は編入した大学に通います。

そして編入した大学を卒業します。

ちなみに入学した大学で取得した単位は、編入先の大学に持っていくことができるため、4年間で大学を卒業することができます。

最終学歴は編入先の大学の名前になるため、学歴コンプレックスを抱えるひとにとっては、魅力的な制度に見えるかもしれません。

こだろぐ
こだろぐ

東洋大学(社会学部・社会福祉学科)に入学
⬇︎
中央大学(商学部・経営学科)に編入学
⬇︎
中央大学(商学部・経営学科)を卒業

4年間で2つの大学に通ったことになります。

志望校に合格できず学歴コンプレックスを抱えていた

私は受験の時に、志望校に合格できず、滑り止めの東洋大学に入学することになりました。

正直東洋大学は、私が納得できる大学ではありませんでした。

なので、私は学生時代他の大学の友達に「どこの大学に通っているの?」と大学名を聞かれて答えるたびに、劣等感をかんじていました。

こだろぐ
こだろぐ
私はみんなより学歴が低いから、私はバカにされている。

学歴の高い人が人生勝ち組。私が幸せになれないのは、大学のレベルが低いから。

学歴の低い私の意見なんて、高学歴の人は聞いてくれない。

と、私の周りの友達がみんなMARCH以上の大学だったこともあって、私はいつもいつも学歴コンプレックスを感じていました。

こだろぐ
こだろぐ
私は一生このまま学歴コンプレックスを抱えて生きるのはいやだ…。編入して、偏差値の高い大学に行こう…!

と3年次編入試験を受験を決意し、編入試験に無事に合格。

東洋大学に通っていた私は、東洋大学よりも偏差値もブランド力も高い中央大学に3年生から通うことになりました。

こだろぐ
こだろぐ
このときは偏差値の高い大学に行ったら人生変わるかも?と思っていました。

学歴ロンダリングのために、編入して気づいたこと

高学歴には努力できる人が集まっているだけ。結局自分の努力が大切

東洋大学から中央大学に編入して気づいたことは

「偏差値が高い大学には頭がいい人が集まっているわけじゃない。努力できる人が集まっているんだ」

ということ。

今では大学の入学方法はさまざまです。

AO入試・推薦入試・スポーツ推薦など、偏差値以外の方法で入学することはできます。

そのため高学歴でも、知識がない人がいるのは確かです。

でもどんな方法であれ、高学歴と言われる大学に入学するためには、「努力」が必要です。

高学歴な人は、一度は何か頑張って結果を残した経験があるひとだと思います。

偏差値の高い大学に編入して気づいたことは、周りが努力できるひとばかりだと言っても、自分がどれだけ努力できるかが重要だということ。

通っている大学のレベルが低いからと言って、悲観する必要はないし、どこの大学に行っても、自分の努力が必要。

 

高学歴にはできないことを学歴のせいにする人が少ない

東洋大学に通っていたときは、インターンに応募するときに「日東駒専だから落とされた」と、インターンに通過できないのを学歴のせいにする人がいました。

もちろん、偏差値が高い大学の方がインターンには通過しやすいですし、就活に有利なのは確かです。

でもできないことを全て学歴のせいにして、今できないことを見ないようにするのは、とてももったいないことです。

できないことを学歴のせいにして諦めてしまうのではなくて、今の自分の課題を見つけて、努力できる人が、高学歴の人に多いと気づきました。

人生変わるかもと思って学歴コンプレックスを克服したけど、変化したのは第一印象だけだった

編入して学歴を手に入れたけどなにも変わらなかった

学歴コンプレックスを感じている方は

「もっといい大学に行けていれば、就職活動失敗しなかったかもしれない。」

「いい大学を卒業できていたら、人生もっと楽しかったかもしれない。」

「もっといい大学に行けていたら、人生変わったのかな」考えることもあると思います。

実際私は編入学して、自分が納得いく学歴を手に入れました。

でも、偏差値の高い大学に通ったからといって、周りの環境や人生はほとんど変わりませんでした。

高学歴の大学に通っていたら、そして大学を卒業できたら人生変わるかな?と思ったけど、本当になにも変わりませんでした。

強いていうなら、卒業した大学名を伝えるだけで「頭いいんだね」と言ってもらえるようになったこと。

日東駒専を卒業していようと、MARCHを卒業していようと、何も変わらない。

結局学歴なんて関係ない。

自分がどんな風に行動して、どの場所でどんな風に努力するかが大切なんだなと思いました。

東洋大学の時は、

こだろぐ
こだろぐ
私は東洋大学で学歴が低いから、このインターンは受けても落ちる。だから受けない。

など、自分ができないことやできなさそうなことをわざと避けていました。

それは私だけではありません。

東洋大学には中央大学と比べて、私と同じように言い訳する人が多かったような気がします。

どこの環境に行っても、自分の頑張り方が大切なんです。

就活の書類審査では学歴は関係ある。

東洋大学から中央大学に編入して変わったことはほとんどないけれど、就活の書類審査では学歴は関係あると感じました。

就活のエントリーシートやマイナビ・リクナビの登録など、いわゆる就活の第一印象の部分は、やはり偏差値の高い大学の方が有利です。

学歴なんて関係ないと言われはじめている今の時代でも、企業は学歴で人材を判断しているのは確か。

編入する直前、東洋大学に通っていたときに出したエントリーシートは落ちたのに、

編入して中央大学に入ってから同じこと会社にエントリーシートを出したら合格していたこともありました。

私の旦那は高卒だけど、立派な経営者。大卒の私よりも賢い

突然ですが、私の旦那は高卒です。

でも今では社員300名ほどの会社を経営しています。

妻である私がいうのもおかしいですが、高卒の旦那はとても賢いです。

今では立派な経営者なのに、彼は学歴コンプレックスを感じているそう。

「学歴コンプレックスは一生もの」といいます。

いくら成功しても、お金を稼いでも学歴コンプレックスってずっと気にしてしまうものだと思います。

旦那はこれまでなんども「高卒」という学歴だけで判断されて、学歴で辛い経験をしてきたそう。

起業する前に働いていた会社では

「お前は大卒じゃないから役員になれない」

などことあるごとに高卒なことをバカにされたそうです。

でも不屈の精神で、周りが何も言えないくらい圧倒的な結果を出して、仕事は学歴じゃないことを証明したんだとか。

学歴コンプレックスを抱えて、編入した私がわかったことは、結局学歴なんて関係ないということ。

学歴コンプレックスを抱えているあなたに、私が伝えたいこと

低学歴だからできないのではなくて、できない言い訳を作っているだけ

学歴コンプレックスを抱えている人は

「私学歴がないから無理」

「学歴があったら人生変わったのかもしれない」

などできない理由を学歴のせいにしてしまいがちです。

私自身、「偏差値の低い大学に通っているからできないんだ」とできない理由を学歴のせいにしていました。

でも、今考えるとできない理由を学歴のせいにして挑戦しないのは、もったいない。

「学歴がないから諦める」のではなくて、学歴コンプレックスを抱えているからこそ、より努力するべきだったと思います。

先ほども書きましたが、やはり就職活動では高学歴の方が有利です。

特に書類審査では低学歴の大学というだけで、落とされてしまう事実があるのは確かです。

でも、学歴以外のアピールポイントはたくさんあるし、自分の魅力を伝える方法はたくさんあります。

できない理由を学歴のせいにしてしまっては、人生もったいない。

学歴コンプレックスがあるからこそ、学歴コンプレックスをバネにして頑張る!くらいの強い意思をもって、小さな成功体験を積み重ねていきましょう…!

学歴は18歳までの努力を評価する資格。18歳からなにを努力するかが大切

学歴は18歳のときにとった資格のようなものだと私は考えています。

どういうことかというと、日本の大学に入学するのは18歳。

日本の大学は卒業よりも、入学の方が難しく、卒業するのは比較的簡単です。

大学や学部学科によっては、卒業することがとても難しいところもあるので、一概には言えません。

でも日本の大学は入学してしまえば、大学時代は遊んでもいいと思っている人が多いと思います。

なので多くの人はいい大学に入学するために、高校を卒業する18歳までは必死に勉強します。

人生は約80年あります。

18歳のときの大学受験で失敗してしまっても、残りの人生は約60年もあります。

18歳のときの失敗を気にして、残りの人生ないがしろにしてしまってはダメだと思います。

そして、学歴がいい人はが18歳までに努力の仕方がわかっていて、大学に通うことができる経済力とその家庭環境があっただけです。

学歴コンプレックスは個性

学歴コンプレックスだったわたしは、編入して自分が納得いく学歴を手にしました。

でも今思うと、学歴コンプレックスを抱えて卑屈になるのではなくて、むしろ「コンプレックスは個性だ!」と考えて圧倒的な努力をすればよかったと思います。

高学歴で社会で成功しても「やっぱりもともと頭がいいんだな」と思われて印象に残らないけれど、低学歴で成功していた方が印象に残るし、個性になると思います。

18才の時までの努力で人生を決めてしまわずに、これから何を頑張るかを考えることが必要です。

人生80年。18才の時の自分を悔やむよりも、今自分が頑張れることを精一杯努力した方が人生豊かだし、もっと成長できると思います。

まとめ

学歴についていろいろ書いてきました。

偏差値が高ければ高いほど、優秀な人が集まっているのは事実ですし、将来成功している人が多いのも事実です。

東洋大学から中央大学に編入して、それを実感しました。

でも結局どんなに高学歴でも、大学に入ったからといって努力せず、頑張らなかったら高学歴でも意味がありません。

学歴コンプレックスばかりに目を向けるのではなくて、今自分がいる環境でどれだけ努力できるかが大切だと、編入してみて気づきました。

学歴が低いからと諦めず、学歴が低いことを言い訳にせず頑張って!と編入する前の自分に伝えたいです。

そして学歴コンプレックスを抱えているひとにも、同じことを伝えたいです。