生き方・考え方

無性に全身ブランド品で揃えたくなった時は、内面に自信がないとき。

こんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。

急に高価なブランドバックを衝動買いしたくなったり、普段買わない高価なものが欲しくなる時ってありませんか?

そういう風に外見だけを磨こうとしているときって、だいたい自分の内面を磨くのを忘れているときです。

こだろぐ
こだろぐ
私は自分より輝いているひとをみると、自分を強く見せるために、高価なものがほしくなってしまいます。

この記事は「自分を大きく見せるために、ブランドのものを買いたい!でもこれでいいのかな?」と迷っている時に読んでほしいです。

今回は外見を磨くなら、内面も磨かないと意味がないということについてお話しします。

 

こだろぐ
こだろぐ
最近外見にばかりお金をかけて強く見せようとして、なんだか内面を磨くのをおろそかにしてる気がする時は注意です。

ブランドものって自分に自信を与えてくれる

ブランドものを持つと、なんだか自分が強くなったような気がしませんか?

友達からは「かわいい!いいなぁ!」と羨ましがられるし、ブランド品を持ってお店に入ると、店員さんにセールスされるし。

高価なものをもっているだけで、なんだか自分が特別になったような気分になる時があります。

でもブランド品を持っているからといって、自分が強くなったわけではないんですよね。

 

物にお金をかけても一瞬の美しさしか得られない

ブランドものをもっていると、羨ましがられるし、なんだか誇らしげに思えます。

でも、ものにお金をかけて得られた美しさって、外側を固めて得た美しさ。

こだろぐ
こだろぐ
自分自信の内面から溢れ出る、美しさじゃないんですよね。

外側だけにお金をかけて得られた美しさって一瞬だし、中身がない空っぽの人に思えて、周りからは残念な人だなぁと思われることもあります。

綺麗になるためにお金をかけるということは、外側にお金をかけることも大切だけれど、内面を磨いてこそ、綺麗になれると思うんです。

私は外見を綺麗にしたいという思いもあるけれど、自分自信の内面から溢れ出る美しさを手に入れたいです。

品のある女性になりたい!内面から魅力が溢れている素敵な女性の特徴 と思うことはありませんか? 私の友達にとても品があって素敵な女性がいるんです。 その品のある素敵な女性は、見...

 

いいものを持っていても、内面が美しくないと綺麗に見えない

高級で質がいいものをもっているのに、なぜか綺麗に見えない人っていませんか?

逆に全然高価なものをもっていないのに、なぜか美しく見えるひともいます。

全然高価なものをもっていないのに、美しく見えるひとは顔だちやスタイルがいいというより、中身を磨いているから美しく見えるのだと思います。

知識をつけて、努力して、毎日笑顔で過ごしているひとは、外側を高級なもので飾らなくても、美しく見えるんです。

ブランドものを持つ時は自分の内面も磨くことが大切

ブランドのものって本当にデザインがかわいいし、素材も上質。

みているだけで美しいですよね。

でもただ自分自信の中身が空っぽなのに、ブランドものを持っているだけでは浮いてしまうし、似合いません。

上質なものが似合うようになるためは、自分自信が上質な人間にならないといけないとおもいます。

まとめ

外見を磨くことって大切だけど、外見ばかりにとらわれていたら、大切なことを見失う気がします。

どんなに外見で強く見せていても、やっぱり中身がともなっていないと、美しいひとには見えません。

どんな時でも、どんな環境でも、置かれた場所で、慢心せず、努力することが大切ですよね。

最近、自分自信が中身を磨くことをおろそかにしている気がするので、見た目だけではなくて、中身も素敵な女性になれるように努力していきます。

最後まで読んでくださりありがとうございました!こだろぐ(@kodalog)でした!

こんな女性になりたい♡私が憧れている女性【体型・顔・ライフスタイル別】こんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。 あなたが「こんな女性になりたい!憧れる!」と思う人ってどんな人ですか? 仕事...