ダイエット

食ベることに執着するのをやめるために、私が実践している2つの事

こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。

私は「食べることが大好き、そして食べることが大嫌い」です。

「食べることが大好きなのに、食べることが大嫌い」ってどういうこと?と思ったかもしれませんが、それは私が食べることに異常に執着しすぎてしまうことが理由です。

10年ほど前から、イライラしたり自分のことを嫌いになったとき、過食してしまう癖があります。

さらにひどいときには、食べることに異常に執着してしまうことが原因で、寝ている間に無意識に食べているほどでした。

「食べる」ことが大好きなのに、食べることが怖い。

食べることに執着しすぎて、過食のスイッチが入ると、泣きながら大量の食べ物を胃に詰め込んでいることもありました。

そんな私の目標は食べることに執着するのをやめて、楽しくおいしくご飯を食べること。

私自身が食べることに執着しすぎて悩んでいるのはもちろんですが、実は食べることに執着しすぎることに悩んでいる人は私だけではないのでは?と思ったんです。

そこで、食べることに執着しないようにするために、実践したい2つのことを紹介していきます。

こだろぐ
こだろぐ
いつも食べることに振り回されていて、悩んでいる方に読んでいただきたい記事です。

①「食べることを我慢している」ではなく、健康的な選択をしていると思うようにする

お腹がパンパンなのに食べてしまう人は、食べることを我慢していたり、食べることはダメだと勘違いなことが多いです。

実は私も食べることはダメなことだと思い込んでいました。

特に私は食べ物を目の前にしたとき、「食べたらいけない。食べたら太る」と自分に暗示をかけていました。

実は人間の体は、「食べたらダメ!」と我慢してしまうと脳が「より食べたい…!」と指令を出す仕組みになっています。そのため、食べることを我慢するとより食べたくなるようにできているんです。

「ここに入ったらダメ!」と禁止されると、なぜか禁止されればされるほど入りたくなった経験はありませんか?

人間の脳は禁止されればされるほど、やってみたくなるようにできています。

食べ物を我慢しようとしたときには、禁止されればされるほどご飯を食べたくなる脳の仕組みが働いているんです。

「禁止されればされるほど、なぜかやりたくなる」という心理は、心屋仁之介さんの「ココロで痩せるダイエット」に書いてあって、私がとても共感したことでもあります。

「ココロでやせるダイエット」を読んでみた!考え方を変えるだけで痩せやすくなるらしいこんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 心理カウンセラーの心屋仁之助さんと和田ゆみこさんの共著、「ココロで痩せるダイエット...

だから食べ物を目の前にしたときや、食べ物を食べるときには、「ダイエットするために我慢をしているわけではなくて、健康になるための選択をしているんだ!」と思うようにすることが大切。

イライラしていて、自暴自棄になったときには食べてしまうこともあります。

でも健康になるための選択をしていると思うようにすることで、昔よりは過食を抑えることができた上に、食への執着が抑えられてきました。

昔よりは食べることに対して前向きに考えられるようになりましたが、やっぱり考え方の癖は簡単に治りません。

でも少しづつ食べることへの考え方を変えていきたいと思います。

自分のことが嫌いで過食症に。過食してしまう原因はココロの問題でしたこんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。 過食を繰り返してしまう過食症。過食症は「ダイエットがきっかけで発症するもの」だと思...

②砂糖類はできるだけ食べないようにする

先日「あまくない砂糖の話」という映画を観ました。

この映画は精製された砂糖の恐ろしさを語ったドキュメンタリー映画。この映画を観てから改めて砂糖を摂取する恐ろしさを感じたんです。

【映画】あまくない砂糖の話・感想

この映画をみて砂糖の恐ろしさを感じてから、お菓子やデザートなどの砂糖類を食べないようにしました。

今デザート類をはじめとする、砂糖類を食べないようにしてから、ちょうど1週間経ちます。

砂糖を摂らないようにしたところ、1週間で

  • もっと食べたい…!と思わなくなった
  • 食べることへの執着が減った
  • 口寂しい感じがなくなった
  • 朝すっきり起きられるようになった
  • 疲れにくくなった
  • 頭がすっきりした

と砂糖類をやめただけで、びっくりするくらいいい効果を得られました。

砂糖を1週間やめてみて一番よかったことは、食事を楽しいと思えるようになったこと。

お菓子を食べているときは、ご飯を食べても「もっと食べたい!食べたい!食べたい…!」と、充分な量のごはんをたべているのにいつも満足できませんでした。

ご飯を食べても食べても満足できないのは、砂糖の中毒性によるもの。実は砂糖類をたくさん食べていると、食べることがやめられなくなります。

そして異常に食べることに執着してしまうようになるんです。

完全に砂糖だちをしてからまだ1週間ほどですが、1週間前よりも食べることに執着してしまう症状は改善されました。

こだろぐ
こだろぐ
砂糖を控えてお米を食べるようにしたら、体の調子がいいうえに、食べることへの執着が落ち着きました。

まとめ

食べることに執着している時は、とにかく頭の中は食べることでいっぱいで、朝から晩まで食べることしか考えられません。

楽しく食べられるのならいいのですが、食べることに執着して人生を楽しめないのならもったいないと思います。

昔から食べることでストレスを発散、食べた罪悪感でよりストレスがたまる…という悪循環を繰り返していました。

でもいろいろな方法を試すようにしてから、以前よりも食べることへの執着はなくなってきました。

特に今回紹介した2つのこと

  1. 「食べることを我慢している」ではなく、健康的な選択をしていると思うようにする
  2. 砂糖類はできるだけ食べないようにする

を実践していると、だいぶん食べること執着することが減ってきました。

これからも自分と向き合いながら、食事と身体について考えていこうと思います。

そして私とおなじように、身体にコンプレックスがあってダイエットに悩んでいる方の助けになれれば嬉しいです。

最後まで呼んでくださり、ありがとうございました!こだろぐ(@kodalog)でした…!

スリム美人を観察してわかった、太らない生活習慣とは?こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 わたなべぽんさんの「スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました」を...
食べてないのに太ると思っていたら、寝ている間に無意識で食べていた…こんにちは!こだろぐです。 「朝起きたら、食べた記憶のない食べ物のゴミが散乱していた」 「食べた記憶はないけれど、朝起きたら...