ライフスタイル

経営者の妻が「経営者の孤独」を読んで考えたこと。社長の嫁はそれなりの辛さがある

こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。

土門蘭さんの「経営者の孤独」という本を読みました。この本は10人の経営者に「経営者の孤独とはなにか?」とインタビューした内容をまとめた本です。

畏れ多いのですが、私の夫は社員さんが数百人いる会社を経営している経営者で、私はその妻です。

よく「経営者は孤独だよ」と言われます。

ですが社長として人の上に立ったこともない私は「経営者は孤独」という意味をよく理解することができませんでした。だから「経営者の孤独」という本を見つけたとき

こだろぐ
こだろぐ
人の上に立ったことがない私でも、経営者の悩みが理解できるんじゃないかな

と思って読んでみることにしました。

経営者の孤独

経営者と一緒に生活していると「経営者って辛く苦しい立場だな」と感じることが多々あります。

また夫に仕事の八つ当たりをされたり、接待に参加しないといけなかったり…。そんなときは「経営者となんか結婚しなきゃよかったな。一緒にいるの辛いな」と思うこともあります。

ですが、経営者が持つ悩みや不安をほんの少し知れるだけでも、妻として自分ができることや自分のやるべきことが見えてきて、夫に少し優しくできるのはと思ったのです。

今回は経営者の妻である私が「経営者の孤独」を読んで感じたこと、経営者の妻が妻としてできることをお伝えしていきます。

「経営者の孤独」を読んで印象に残ったこと

経営者の孤独

まずここからは、経営者の孤独を読んで印象に残った言葉をまとめます。

解決しても解決しても新しい問題が出てくる。

不安を打ち消す処方箋なんてない。

「解決しても解決しても新しい問題が出てくる。もしその問題を解決できなければ、借金を背負うかもしれない」という不安を毎日感じているなんて、凡人には理解できないくらいのストレスがかかっているはずです。

夫はたまにすごく怖い顔をしていたり、イライラしていたりすることがあります。

そんな夫をみて私は「なんでこの人はイライラしているんだろう。家にいるんだしもっと楽しそうにしてよ!」と感じていました。

でもそれって休んでいるときも湧き出る問題のことを考えて、全然休めていないってことなんですね。

常に問題に直面していて、サバイバル社会を生き抜いている経営者。

その一番側にいてあげられる立場だからこそ、家の中では夫がゆっくり安らげる空間を作りたい。「女は家で夫を癒すべき」なんて昭和の時代みたいだけど、これってすごく大事なことなんだと思います。

信頼できる人はいるけど信用できる人はいない

社員とは本当の意味で友達にはなれない

行き詰まったときに一緒に土下座できるような人がいない

この言葉こそ「経営者の孤独」が詰まっています。

たくさんの人に囲まれて、たくさんの人と一緒に働き、たくさんの人を指導する経営者。一見、たくさんの人と一緒に仕事ができていて華やかに見えるけれど、たくさんの人に囲まれているだけで本当に信用できる人は周りにいない。

会社を経営していると、何度も裏切られたり騙されたりして、人を信用できなくなるんでしょう。

自分自身は夫が行き詰まったときに一緒に土下座できるような人になりたい。

そして夫の周りから人が去って一人ぼっちになった時でも、私は最後の最後まできっと大丈夫だよ!あなたならできるよ!と笑いながら寄り添ってあげられる、心の強い人でありたいと思いました。

「考える」は共有できるけど「悩む」は共有できない

経営者の孤独の本質は「悩むを共有できない」ことにあるのではないでしょうか。

社員さんと一緒に戦略を考えて、一緒に悩んでいたとしても、結局決断を下すのは経営者である自分自身。

「もしこの選択が間違っていたとしたら、社員はもちろんその家族の人生も壊してしまうかもしれない」という不安の中でたった一人で決断する。しかも社運を左右する決断を毎日下さなければいけない。

行き詰まった時に相談する人はいても、悩みを共有する人がいない。一人で決断しなければいけないって、すごく孤独で厳しいことだと思います。

経営者の夫を支える妻がやるべきこととは

「経営者の孤独」を読んで、印象的な言葉を抜粋しましたが、経営者の夫を持つ妻がやるべきことやできることを考えていきます。

この本の中では「経営者は信用できる人がいない」「常に不安と向き合っている」という言葉が印象的でした。

毎日笑顔で過ごす

経営者は人の上に立って、さまざまな決断を下さなければいけません。他人の人生を背負っているのだから相当ストレスを感じています。

「いつも笑顔で過ごしておく」

「夫の前でイライラしないように努力する」

「経営者は常にストレスと戦っていることを覚えておく」

これらを心に留めておくだけでも、いつも戦っている経営者は気持ちが楽になるのではないでしょうか。簡単に書いたけれど「毎日笑顔で過ごす」ってすごく難しいことです。

イラっとすることは必ずあるし、夫への不満もたまるのが当然。でもこれらのことをそっと心に留めておくだけでも、夫への感謝と尊敬の気持ちは伝わるのではないかと思うのです。

一緒に土下座するくらいの覚悟を持つ

でも妻は孤独な経営者を側で支えてあげられる存在です。経営者の妻ならではの悩みや不安もたくさんあると思います。

でもいつまでも信頼して側にいてあげられる唯一の存在でありたいな、と思いました。

夫婦だから「もう顔も見たくない!帰ってくるな〜」って思うこともあります。でも

こだろぐ
こだろぐ
最後の最後なにかあったときには夫と一緒に土下座できるような存在でいたい。

そう思います。

経営者の妻は「一歩下がって夫を立てることができる。そして最後の最後には腹を括って一緒に土下座できる強さを持っている」というのが理想なのではないでしょうか。

夫が自営業で経営者だと、サラリーマンの妻のお友達からは理解してもらえない苦労や不安があります。サラリーマンは会社に守られているけれど、会社の人間関係の悩みや会社に評価されないという悩みを抱えている。経営者は頑張った分だけ業績に反映されるけれど、誰も守ってくれないし非常に孤独である。

経営者が偉いというわけではなく、サラリーマンと経営者では、悩みの種類が違うのです。

経営者は会社の業績に左右されます。止まれないジェットコースターに振り回される人生です。そして経営者の妻は入籍したその時からそのジェットコースターに乗ってしまっています。

止まれないジェットコースターに一緒に乗っている妻だからこそ、それなりに覚悟しなければいけません。そのためには「自分自身が自立する。そして毎日笑顔で過ごす」ことが大切だと思います。

ちょっと脱線してしまいましたが「経営者の孤独」という本は「経営者がなにを考えているのかわからない」「経営者がなにを考えているのか知りたい」そんな方におすすめの本でした。ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。夫婦仲を良くする方法についてもまとめているので是非読んでみてくださいね。

夫婦生活を上手く行かせる4つのコツ|夫を最強のパートナーにする方法こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 夫婦生活とは、もともと他人だった男女が共に生活することです。 結婚して一緒に...