ライフスタイル

経営者の妻である私が「経営者の孤独」を読んで考えたこと

こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。

土門蘭さんの「経営者の孤独」という本を読みました。この本は10人の経営者に「あなたの孤独とは?」をインタビューし、それをまとめた本です。

畏れ多いのですが、私の夫は会社を経営している経営者で、私はその妻です。

よく「経営者は孤独だよ」と言われます。社長になったことも、人の上に立ったこともない私は経営者は孤独という意味がよくわかっていませんでした。

だから「経営者の孤独」という本を見つけたとき「私みたいなポンコツでも、経営者の悩みが理解できるんじゃないかな」と思って読んでみることにしました。

正直、経営者になったことのない私は経営者の悩みを心から理解することはできません。でも、この本を読んで経営者の悩みをちょっとだけ知ることができたような気がします。

経営者と一緒に生活していると「経営者って辛く苦しい立場だな」と感じることが多々あります。また、夫が大変そうにしていたり、仕事の八つ当たりをされたり、接待に参加しないといけなかったり…。そんなときは「経営者となんか結婚しなきゃよかったなー!」と思うこともあります。

そんな私でも「経営者の孤独」を読んで、経営者だからこそ感じる孤独や不安をほんのちょっとは理解できたんじゃないかな、と思います。

経営者の孤独を知ることができて、妻として自分ができること、やらなければいけないことが見えてきました。

今回は経営者の妻である私が「経営者の孤独」を読んで感じたこと、経営者の妻が妻としてできることを考えていきます。

「経営者の孤独」を読んで印象に残ったこと

経営者の孤独を読んで印象に残った言葉をまとめます。

解決しても解決しても新しい問題が出てくる。

不安を打ち消す処方箋なんてない。

経営者ならではの悩みかもしれませんが「解決しても解決しても新しい問題が出てくる」ってすごいストレスですよね。

一つ問題が解決したと思ったらまた違う問題が出てくる。もしその問題を解決できなければ、借金を背負うかもしれない。といつも不安を感じているなんてすごくストレスだと思います。

夫はたまにすごく怖い顔をしていたり、イライラしていたりすることがあります。

そんな夫をみて私は「なんでこの人はいつもイライラしているんだろう」と感じていました。

でもそれって休んでいるときも湧き出る問題のことを考えて、全然休めていないってことなんですね。

「家の中にいるときくらいイライラするなよ!八つ当たりするなよ!」と思っていました。

でも常に問題に直面している経営者の夫だからこそ、やすらげる空間を作れたらいいなと感じました。

信頼できる人はいるけど信用できる人はいない

社員とは本当の意味で友達にはなれない

心から信用できる人はいないってなんだかすごくさみしい。

行き詰まったときに一緒に土下座できるような人がいない

これを知って自分自身は夫が行き詰まったときに一緒に土下座できるような人になりたいな、と思いました。きっと会社を経営していると、なんども人から裏切られたりだまされたり、人を信用できなくなる出来事をたくさん経験するんでしょうね。

会社で一緒に頑張っている社員さんたちを心から信用できないって、本当に辛いんでしょうね。

「考える」は共有できるけど「悩む」は共有できない

悩みを共有できない経営者ってめっちゃつらいじゃん!と思った私。

行き詰まったときに相談する人いるじゃんと思っていたけれど、悩むを共有できる人がいないんですね…。

この言葉を聞いて、経営者の孤独が少しだけわかった気がしました。

経営者の夫を支える妻がやるべきこととは

この本の中では「経営者は信用できる人がいない」「常に不安と向き合っている」という言葉が印象的でした。

そんな経営者と共に暮らす妻はどうしたらいいのか、

どんな規模の会社であれ、人の上に立つ経営者は相当ストレスを感じるものだと思います。

経営者は自由な時間があって、自由に使えるお金が多くて…。華やかな印象を持たれがちです。

でも実際には目に見えない苦労をしていると思うんです。労働している時間だけでははかれない、苦労や悩みがたくさんあるからこそ、お金をもらっている。

ストレスを多く抱える経営者の夫のために、経営者の妻として私ができること。

それは常に不安と戦っている夫のために、いつも笑顔で過ごしておく。

ただでさえイライラしている夫の前で、妻がイライラしない。

経営者は常に目に見えないストレスと戦っていることを覚えておく。

家の中はストレスを感じないような空間にする。家の中を安心できる居心地のいい場所にする。

これらを心に留めておこう、と思いました。妻としてできることをいろいろ書いてみたけれど、これを守るのってすごく難しい…。

経営者と一緒にいると、他人からは理解してもらえない苦労や不安があります。いいこともわるいこともたくさんあります。

でも妻は孤独な経営者を側で支えてあげられる存在です。経営者の妻ならではの悩みや不安もたくさんあると思います。

でもいつまでも信頼して側にいてあげられる唯一の存在でありたいな、と思いました。

むかつくことがあった日はイライラしたり、喧嘩したときにはぶん殴ったりしそうです。

でも最後の最後、なにかあったときには夫と一緒に土下座できるような存在でいたい。そう思いました。

「経営者の孤独」という本は「経営者がなにを考えているのかわからない」「経営者がなにを考えているのか知りたい」そんな方におすすめの本でした。ぜひ読んでみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。