ダイエット

甘いものを食べ過ぎた!と焦った時にやるべき対処法

こんにちは!ここ5日間、甘いものを食べ過ぎて体が重いこだろぐ(@kodalog)です。

私は先日飲み会など食べるイベントが5日間ほど続き、体重が2キロ増量しました…。

こだろぐ
こだろぐ
体が重い。甘いもの食べ過ぎた…

そこで今回はたまに飲み会などで暴飲暴食をしながらも、半年で6キロのダイエットに成功した私が、

「甘いものを食べ過ぎた!どうしよう太った!」と感じたときに行うおすすめの対処法についてご紹介します。

私が今回紹介する方法は、「そんなの当たり前じゃん!」と思われるかもしれません。

でも、当たり前のことができていないと痩せることはできません。

当たり前に思えることをしっかり身につけて、ダイエットを成功させましょうね!

【この記事はこんな方におすすめ】

  • 数日間甘いものを食べ過ぎて、太ったと感じている方
  • 数日続いた食べ過ぎを、リセットしたい方
  • 食べ過ぎてしまった時の対処法を知りたい方

 

甘いものを食べ過ぎてしまった後の考え方

食べすぎたことを後悔するのではなくて、「食べられてよかった」と思おう

まず「食べ過ぎた!」と思った時でも、甘いものを食べ過ぎたことに後悔してはダメです。

甘いものを食べ過ぎたことに罪悪感を感じると、自分を責める気持ちから、さらに食べ過ぎてしまう可能性があります。

なので、甘いものを食べ過ぎた時は「食べられてよかった!」と、おいしく食べられたことに感謝するようにしましょう。

甘いものを食べ過ぎた時は「食べられてよかった」と思うようにすると、すっきりとした気持ちで、食べ過ぎのリセット期間に入ることができます。

食べたものが脂肪にかわるには、時間がかかる

「数日間食べ過ぎたのに、なぜかそんなに太ってないなぁ…」と感じたことはありませんか?

食べた直後に太ってないと感じてしまうのは、食べたものが脂肪に変わるまでには時間がかかるからなんです。

脂肪が蓄積されるのは、数ヶ月の間で消費できなかったカロリーが身体の中に残ってしまった時です。

つまり、脂肪が蓄積される前に、しっかりとカロリー調整をして、身体の中に余分なカロリーをためなければ、脂肪がつくことはありません

逆にいうと、脂肪が身体の中に蓄積されてから時間がたってしまうと、かなり落ちにくいガンコな脂肪になるので注意です。

一時的な体重増加は、体内にたまった水分の重さ

食べ過ぎた時、一時的に体重が増えてしまって憂鬱になることがありますよね。

でも、この一時的な体重増加は、身体の中にたまった水分と、食べたものの重さです。

「体重が増えた=太った」と思う人が多いですが、1リットルのペットボトルのお水を飲んだら、体重は1キロ増えます。

 

こだろぐ
こだろぐ

お水を飲んだら体重は増えます。

でも脂肪がついたわけではないですよね!

 

たくさん水分を摂取していると体重は重くなるように、食べ過ぎた日は体の中に残っている食べ物と水分の重さで体重が重くなっているだけです。

なので食べ過ぎた後こそ、食べたものが脂肪になる前にしっかり消費することが大切です。

次に紹介する、対処法をしっかりやってみてくださいね。

甘いものを食べ過ぎた後の対処法

味覚と脳をリセットするために、白湯を飲む

たくさん甘いものを食べたのに、「まだ食べたい…!」と甘いもの欲求が止まらなくなることはありませんか?

甘いものを食べたい欲求が止まらなくなってしまうのは、甘いものに中毒性があるからです。

実は、甘いものや油っぽいものを数日食べ続けていると、脳が「砂糖をもっと摂取して…!」と命令するようになります。

砂糖中毒の詳しい情報はこちらの記事にまとめていますので、砂糖のことについて知りたい方は参考にしてみてください。

砂糖の影響が怖すぎる。健康食品を食べていても、砂糖まみれな私たちの食生活

砂糖漬けの脳をリセットするためにも、朝起きたら白湯を飲むようにしましょう。

白湯には胃腸を休める効果と、味覚をリセットする効果があるので、おすすめです。

 

こだろぐ
こだろぐ
濃い食事を食べ続けた後に白湯を飲むと「味がなくて美味しくない!」と感じます。

でも慣れると美味しく感じるので、慣れるまで我慢してみてください。

いつもよりたくさん水を飲む

食べ過ぎた次の日は、いつもよりもたくさんお水を飲むようにしましょう。

こだろぐ
こだろぐ
私は食べ過ぎた翌日は、3リットルくらいお水を飲むようにしています。

食べ過ぎた後に甘いジュース類を飲んでいると、脳が甘いものを欲して止まらなくなってしまいます。

そこで、甘いものを欲しがっている味覚と脳を、たくさんお水を飲むことでリセットしましょう。

たくさんお水を飲むと、甘いものを食べたくてしかたなかった味覚が、野菜など自然本来の健康的で体にいいものを求める味覚に戻ります。

生野菜を食べる

実は、甘いものや油っぽいものを食べ過ぎた時って、たくさんカロリーを摂取しているのに、栄養不足になっていることが多いんです。

甘いものや油っぽいものは、カロリーは高いのに体にいい栄養素が含まれていない食品、いわゆる高カロリー・低栄養素です。

とくに、甘いものや油っぽいものを食べすぎたときには、ビタミンやミネラル不足になっていることが多いです。

そのため、身体の中の足りない栄養素を補うためにビタミン・ミネラル多めの食事をしましょう。

 

こだろぐ
こだろぐ
食べ過ぎた時に取り過ぎた栄養素を控えて、後日足りなかった栄養素を補給するイメージです。

 

ビタミンやミネラルをとるには、生野菜をたくさん食べるようにしてみてください。

食べ過ぎたあとは食べないようにするのではなくて、足りない栄養素を補うことが大切です。

腹八分目の量を守る

甘い物や油物を食べ過ぎた後に足りない栄養素を補うために、健康的な食事をするといっても、お腹がぱんぱんになるまで食べてはダメです。

胃は風船のように伸び縮みするようにできています。

毎日満腹になるまで食べていると、気づかないうちに胃が大きくなって、食べる量が増えます。

食べる量が増えると摂取カロリーが増えるので、どんなに健康的な食事を摂っていても痩せることはできません。

こだろぐ
こだろぐ
特にいつもよりも食べ過ぎたあとは胃が大きくなっているので食べ過ぎには注意です!

腹八分目で食事をやめるには「食事の満足度」を大切にしよう!

小麦類と砂糖類は食べない

小麦と砂糖類には高い依存性があります。

特に砂糖の中毒性と依存性は、麻薬よりも高いと言われているほどです。

甘いものを食べれば食べるほど、甘いものを欲するようになります。

なので、甘いものを食べすぎた時は、最低3日間甘いものをやめてみてください。

甘いものをやめて3日間くらいはすごく辛いのですが、だんだん甘いものへの欲求がおさまります。

白砂糖の中毒性が高い理由と、甘いもの中毒になってしまう理由を詳しく解説…!こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 甘いもの中毒を知っていますか? 甘いもの中毒とは、お菓子をたべないと落ち着か...

お腹が空いたら、お味噌汁を飲む

お腹が空いた時には、お味噌汁を飲むのがとてもおすすめ。

お味噌汁は優しい味なのに満足感があるし、なによりおいしいです。

お味噌汁をつくるのが面倒な方は、粉状のほんだしにお湯をいれて、味噌をとかすだけで、本格的なお味噌汁になるので試してみてください。

お腹がぐーっとなるまで食べない

食べ過ぎたあとは、胃の中に食べ物が入っているのが普通の状態なので、空腹が苦痛になります。

そして一番怖いのが、食べすぎたあとは食べ癖がついてしまうこと。

いちど食べ癖がついてしまうと、戻すのは大変です。

そのため、食べ過ぎたと思った翌日以降は、お腹がぐーっとなるまで食べないようにすると食べぐせが解消できます。

辛いけれど、ここだけ乗り越えたら食べ過ぎをストップさせることができます。

痩せている人の習慣を真似して、痩せる習慣を身につけよう…!こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 わたなべぽんさんの「スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました」を...

運動をする

食べ過ぎをリセットするには運動をするのが一番!

運動して汗をかけば気分もスッキリするので、食べ過ぎてしまったらすこしだけでも運動してみてください。

ラバ銀座店のホットヨガを体験してきた!500円の手ぶら体験をレポートホットヨガで有名なラバの500円体験に行ってきました!500円体験の体当たりレポです!...

甘いものを食べ過ぎてしまった時の対処法のまとめ

私が行う食べ過ぎてしまった時の対処法についてご紹介しました。

世の中には様々なダイエット方法が紹介されていますが、やはり一番ダイエットに効果的なのは「健康的な食生活をして適度に運動する」ということ。

食べ過ぎた後には食べないのではなくて、しっかりお水と足りない栄養素を補う。

余裕があるならしっかり運動するのがもっとも効果的だと私は思います。

食べ過ぎたからといって断食など無理なことはせず、1週間ほどで食べ過ぎをリセットしてみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

こだろぐ(@kodalog)でした!

毎日3枚板チョコを食べていた私が、甘いものをやめる事ができた方法こんにちは!こだろぐ(@kodalog)です。 「甘いものを食べるのをやめたいけどやめられない」 「甘いものを食べないとイラ...
食への執着をやめるために、私が実践している2つの事こんにちは、こだろぐ(@kodalog)です。 私は「食べることが大好き、そして食べることが大嫌い」です。 「食べることが大...