ライフスタイル

バーミキュラは重くて使いにくい…?1年間使って気づいた良いところと悪いところ

誰でも簡単においしい野菜料理が作れる!と大人気の「バーミキュラ」

誰でもおいしい野菜料理が作れるバーミキュラって気になるけれど…。

「バーミキュラって実際に使ってみてどうなんだろう?」

「バーミキュラって高い値段だけの価値はあるの?」

とリアルな口コミが気になりますよね!

ということで、バーミキュラを使い始めて約1年半のわたしが、バーミキュラを使ってみてよかったことと、わるかったことについてお伝えしていきます💓

こだろぐ
こだろぐ

バーミキュラの購入を検討している方におすすめの記事です。

バーミキュラを使ってみた感想

無水調理以外にも炒めたり蒸したり、様々な使い方ができる

バーミキュラといえば、水なしでもカレーが作れるという無水調理が有名ですよね。

水なしでもカレーが作れる理由は、バーミキュラ独自の製法が野菜からでる水分を逃さずに、しっかりと閉じ込めてくれるからなのですが…。

私自身、バーミュキュラを購入する前は

 

毎日、無水調理をするわけでもないし…。

バーミキュラって重いしなかなか使わなさそう…

 

 

と思っていたんです。

「そのうち使わなさそう」と思って購入したバーミュキュラですが(笑)バーミキュラを実際に買って使ってみてわかったことは

 

  • 重いけど、重さは気にならない
  • 茹でる・蒸すだけではなくて、しっかり炒め料理もできる

 

無水調理だけではなくて、炒めたり茹でたりしても野菜の甘みを感じることができるのがバーミキュラのすごいところです。

 

こだろぐ
こだろぐ
バーミキュラで作ると野菜がより甘く感じられるので「やっぱり今日もバーミキュラでおいしいものを作ろう」という気になれます。

料理の仕上がりがワンランク上になる

わたしはバーミキュラの他に、ティファールの鍋も使っています。

正直、バーミキュラって重くて使いにくいなぁと感じることもありますが、バーミキュラで作るとやっぱり味の仕上がりが全然違うんです。

ティファールで野菜炒めを作ると、野菜の表面に味がついただけ!みたいな感じになります。

ですが、バーミキュラで野菜炒めをすると、野菜の中までしっかり味が染み渡るんですよね。

重たくて使いにくそうと思ったけど、つい使ってしまう

わたし自身、バーミキュラを買う前に心配していたのが、バーミキュラの重さが重いこと。

わたしが使用しているバーミキュラの大きさは26センチなのですが、なんと4.9キロもあります。

こだろぐ
こだろぐ
鍋なのに4.9キロって重すぎ…(笑)

両手で持てると言っても、片手で持てないし、大丈夫かな?と心配だったんです。

ですが、実際はバーミキュラを振ることもないですし、炒めるときは菜箸で材料を混ぜれば問題ありません◎

重いのでコンロに動かすときはちょっと大変ですが、料理をはじめてしまえば特に不便だと感じたことはないです。

値段は高いけれど高い理由がわかった

サイズによっても違いますが、バーミキュラは鍋なのに約3万円もします。

こだろぐ
こだろぐ
鍋で3万円って高すぎますよねヽ(;▽;)ノ

正直な感想としてはバーミキュラは高かったけれど、本当に買ってよかった鍋です。

バーミキュラを買ってよかったと思う理由は「めちゃくちゃ時短になる」

時短になるといっても、煮込む時間は30分以上かかるので、コトコト煮込む時間が短縮されるわけではありません。

ですが、とりあえず野菜を洗って、切って、バーミキュラにぶち込んで、すきな調味料をふりかけるだけで、とってもおいしい野菜料理が食べられる。

最初に料理をしておいて、コトコト煮込んでいる間に、洗濯物をたたんだり、掃除機をかけたりしておけば、あっという間に豪華な一品ができているんです。

こだろぐ
こだろぐ
野菜を切って、バーミキュラで火にかけるだけで、おいしい料理ができているって、本当に嬉しいです。

そして、バーミキュラを使っていて嬉しいことが、一度冷えてしまった料理でも、温めればまたおいしく食べられることです。

朝、バーミキュラで料理を作っておけば、夜温めるだけで夜ご飯の一品ができているのは、本当に嬉しい。

忙しくて料理をする時間がないけれど、野菜不足は解消したい!なんて方にバーミキュラはおすすめです。

ル・クルーゼとバーミキュラってどっちがいい?

わたしも迷った、ル・クルーゼとバーミキュラ。

ル・クルーゼってすごく可愛いですよね。

食卓が一気に華やかになるし、お揃いの食器もあるし、とにかくかわいい。

ですが、わたしがル・クルーゼではなくてバーミキュラを選んだ理由は、

  • バーミキュラの方が見た目がシンプルだったこと
  • バーミキュラの方が、野菜の旨味を引き出してくれるという口コミが多かったこと

でした。

見た目だけでいうならル・クルーゼを選んだんですが、やっぱり美味しい料理を作りたいなぁということで、バーミキュラを選びました。

バーミキュラに夢中になってしまうようなおすすめのレシピ

最初は水分の多い野菜をいれるのがおすすめ

とりあえず玉ねぎを入れておけば、失敗しないです◎笑

根菜類(じゃがいも、にんじん)はあまり水分が出ないので、水分が出る野菜を入れることが大切です。

バーミキュラに使い慣れるまではたまねぎ、トマト、白菜などの水分の多い野菜を入れるのがおすすめです。

たまねぎからはしっかり水分がでるので、火加減に失敗しても焦げ焦げになりません。

無水カレー

バーミキュラの定番といえば、無水カレー。

バーミキュラを購入するとついてくる、バーミキュラのレシピ本通りに作ってみると、野菜の甘みがぐぐぐっと詰まった、おいしいカレーができます。

無水ポトフ

「バーミキュラといえば!カレーとポトフ!」と言われるくらい、ド定番のポトフですが、本当においしいんです。

バーミキュラを購入したら最初にカレーかポトフを作ってみるのがおすすめです。

サムゲタン

バーミキュラだからこそ作れる、サムゲタン。

バーミキュラで数時間コトコト煮込むと、鶏肉がとろっとろになって、お店以上のおいしさになります。

バーミキュラだからこそ家庭で作れる料理です。

豚の角煮

中がとろっとして、すごく美味しいです。

普通の鍋とちがって、中まで味がしみるので、お店みたいな本格的な味になります。

バーミキュラを使ってわかったいいところと悪いところ

バーミキュラで料理をすると、絶対に美味しいという安心感があります。

人が家に遊びに来て、手料理を振る舞う時でも「なんかこのカレーおいしい!!スパイスから作ったの?」と聞かれます。

バーミキュラを一つ持っておくとすごく安心できるので、料理好きな方も、料理がちょっと苦手という方もぜひ使ってみてください💓